清水直幸の主張・提言

市民の“健康といのち”を守る為、提言し続けます。

江別市立病院は、平成26年度から年間におおよそ4億~7億円の欠損が発生しています。
現在までの累積欠損金は89億6800万円になり、江別市一般会計にも大きな影を落としています。
病院経営再建の大前提である医師確保が市長・病院長を先頭に取り組まれています。
「地域医療の医療」と「病院経営=江別市財政」の両輪を成り立たせるために何を為さねばならないのか。
真正面から取り組み続けます。

一生涯をいたわるバリアフリーのまちづくり
人は誰しも年齢を重ね高齢になると、いろいろな障がいを持つ可能性があります。
障がいを持つ方も歳をとります。
一生涯をいたわるバリアフリーのまちづくりを進めていきます。
健康都市の“足腰づくり”=生涯スポーツ環境づくりへの応援
アマチュアスポーツの普及・障がい者スポーツの振興・環境整備を応援し続けます。
省エネビジョン再構築

メガソーラー発電所やバイオ発電所の更なる普及、大規模事業所からの廃熱エネルギーの有効利用の取り組みをさらに発展させます。

冬季間の大災害時に対応した備えへの取り組み
雪「克・利・活」への取り組み
私たちが暮らす北国江別では1年の3分の1は積雪との戦いです。
我らが街では、シーズンに毎年7~10億円の費用をかけて雪対策を講じています。
財政が逼迫する中で、積雪への費用対効果も限界に来ています。
サービス向上の為には何かでその原資を生み出さなければならないのです。
雪氷冷熱の利活用に取り組んでまいります。
“よいまちを子どもにわたす”ための目標
千歳川治水と江別地区メモリアルゾーンの活性化
江別条丁目地区堤防の強化改修に伴い、その土堤を有効活用し、多目的ホール〈外輪船〉を中心にした文化中心の活性化を地域住民の皆さんと共に進めて参ります。
市道舗装の老朽化の解消
市内全域における舗装道路の老朽化を暫時計画的に解消する努力を尽くします。
市民の“健康といのち”を守る為、提言し続けます。

江別市立病院は、平成26年度から年間におおよそ4億~7億円の欠損が発生しています。
現在までの累積欠損金は89億6800万円になり、江別市一般会計にも大きな影を落としています。
病院経営再建の大前提である医師確保が市長・病院長を先頭に取り組まれています。
「地域医療の医療」と「病院経営=江別市財政」の両輪を成り立たせるために何を為さねばならないのか。
真正面から取り組み続けます。

一生涯をいたわるバリアフリーのまちづくり
人は誰しも年齢を重ね高齢になると、いろいろな障がいを持つ可能性があります。
障がいを持つ方も歳をとります。
一生涯をいたわるバリアフリーのまちづくりを進めていきます。
健康都市の“足腰づくり”=生涯スポーツ環境づくりへの応援
アマチュアスポーツの普及・障がい者スポーツの振興・環境整備を応援し続けます。
省エネビジョン再構築

メガソーラー発電所やバイオ発電所の更なる普及、大規模事業所からの廃熱エネルギーの有効利用の取り組みをさらに発展させます。

冬季間の大災害時に対応した備えへの取り組み
雪「克・利・活」への取り組み
私たちが暮らす北国江別では1年の3分の1は積雪との戦いです。
我らが街では、シーズンに毎年7~10億円の費用をかけて雪対策を講じています。
財政が逼迫する中で、積雪への費用対効果も限界に来ています。
サービス向上の為には何かでその原資を生み出さなければならないのです。
雪氷冷熱の利活用に取り組んでまいります。
“よいまちを子どもにわたす”ための目標
千歳川治水と江別地区メモリアルゾーンの活性化
江別条丁目地区堤防の強化改修に伴い、その土堤を有効活用し、多目的ホール〈外輪船〉を中心にした文化中心の活性化を地域住民の皆さんと共に進めて参ります。
市道舗装の老朽化の解消
市内全域における舗装道路の老朽化を暫時計画的に解消する努力を尽くします。